林サヨコ創作キルトの世界

sayo216.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 10日

スタジオ撮影

8月8日には、StudioMacCa で作品の写真を撮って頂きました。


c0352397_18433650.jpg
スタジオに伺ったのは2015年の個展のDMに使う、「伏見縫酒蔵風景」を撮って頂いてから2回目、2年ぶりです。
スタジオ内は機材が沢山ありとてもカッコいいのです♪

今回は、作品集とWebサイトに使用する、出来立ての新作を含むタペストリー13点と、額装作品5点の撮影でした。
それと、私のプロフィール用の写真も撮って頂きました。

c0352397_18454578.jpg


c0352397_18443547.jpg


c0352397_18551379.jpg

作品を下に置いて、カメラを高い位置に設定し、シャッターを押していかれます。


シャッターを押すとすぐにパソコンのモニターで明るさなどを確認されます。
モニターに入った、縦横の線に合わせるように画面を見ながら、作品を微妙に引っ張ったり、寄せたりして正確な形に直していきます。

c0352397_18480430.jpg

c0352397_19440802.jpg
この数ミリの歪みを直す作業で感じた事ですが、柔らかな扱い難い、数センチの小さな古布を縫い合わせて大きなサイズにまで縫いつなげた作品が、修正不可能なほどの歪みがないという事です。
床にピタッと張り付いたような出来上がりに皆さん驚いておられました。

c0352397_18482948.jpg

プロの方の仕事を見ていると、本当にてきぱきされてて、素敵ですね♪
私は、ウロチョロ、キョロキョロしながら、スタジオ撮影を楽しみました。

c0352397_18492913.jpg
全体を撮った後は、この作品のここを見てほしい!と私が指定したところを部分アップで撮って頂きました。

c0352397_18490285.jpg

作品集とWEBサイトを制作して下さる gridGraphic のデザイナーO様も、撮影に立ち会いディレクションして下さり、カメラマンM様とアシスタントカメラマンK様、合計3名に関わり撮って頂き、1日がかりの本当に恵まれた撮影でした。


私の作品で、特に大型タペストリーは果てしない時間をかけた、2度と同じものが縫えないものばかりです。
かけがえのない宝物です。

古布を使用していることから、劣化や退色は免れない事です。
何度も展示を繰り返していくと、どうしても痛みが出てきます。

また災害や火事、作品輸送中の交通事故などに遭遇してしまったら、私の人生をかけた作品はこの世から無くなってしまう、という想いがいつもありました。

今回このようにプロのカメラマンによる詳細な画像データが残せたことは、本当に嬉しく安心しました。

これらのデータがデザイナーさんにバトンタッチされ、作品集とWEBサイトに生かされていきます。
どんな風に出来上がるか、皆様も楽しみにしていてくださいね!











[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-08-10 20:22 | 活動
2017年 08月 05日

完成!!

今日8月5日は、母の命日。
早いもので5年経ちました。

制作中の作品は本日をゴールと決めていました。
お墓参りをしてから、作品に最後のサインを刺繍して仏壇の前に広げ、母に完成の報告をしました。


c0352397_13470001.jpg
目には見えないけど、母はきっと作品を愛しそうに撫でてくれていると思います。

制作期間は1年かかりました。
12軒12ヵ月のかやぶきを表現していて、1枚の絵ですが、違和感なく季節を変化させて、四季の移ろいを表現しました。
縫製も色彩も、今までの作品の中で一番難しかったです。

母が亡くなってから5年、作品を縫い続ける事で哀しみを乗り越えることが出来ました。
どんな時も縫い続け、作品を増やしてきたことは、今後の自信へとつながりました。

完成品を眺めていると、いつもながら、「よく縫えたな~。。。どうしてこんなものが縫えたのかな~。。」と自分で不思議に思うのです。
いろんな力に助けてもらえてるんだと感じます。

作品公開は、2017年10月31日(火)~12月3日(日)
南丹市 美山かやぶき美術館にて



完成したと思ったら、どっと疲れが出てきました(笑)








[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-08-05 15:36 | 制作
2017年 07月 26日

桜の刺繍

毎日暑い中、制作を進めています。

c0352397_09005896.jpg
枝垂桜です。
木の幹と太い枝はアップリケにして、小枝は刺繍にしました。
小枝の刺繍の上下の順番は大切ですし、バランスをよく考え、次に刺す花のイメージを頭に描いて、枝を刺繍していきます。


c0352397_09013534.jpg

現在は桜の花の刺繍をやっていますが、毎日刺しても、なかなか花が埋まりません。
この桜の刺繍が終わって、あと他の部分の刺繍をして完成です。


この作品について制作工程を解説するとしたら、2時間は必要になるほど中身の濃い作品になりました。
いつの日か、デザインから製図、布決め、縫製について解説する機会を持ちたいと思っています。

来週には完成です!




[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-07-26 08:59 | 制作
2017年 07月 19日

暑さに負けず

本日、梅雨明けしたそうですね。
毎日暑いですが、皆様お元気ですか?

私は相変わらず縫ってます。
新作タペストリーは最後の仕上げ段階。

c0352397_16071243.jpg
秋のシーンにアップリケする柿の実と葉っぱ。
小指の爪より小さい。

c0352397_16072910.jpg
後は春のシーンの桜やその他細部の刺繍して完成です。

昨年の記録を見ると、2016年7月26日製図開始。
7月30日製図完成。
8月11日縫製開始。

2017年8月5日完成を目標としているので、制作期間は1年ですね。

新作タペストリーが完成したら、その後小品を2~3点縫う予定です。
今年はあっという間に秋が来そうです。

がんばります!





[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-07-19 16:04 | 制作
2017年 07月 12日

写真撮影

今日は作品写真集制作とHPリニューアルの為の写真をプロのカメラマンさんに撮って頂きました。

デザイナーさんとカメラマンさんとアシスタントさんの3名が、プロの技を使って私の世界を表現する為に、力を出してくださいます。


松本酒造の酒蔵前で私を撮って頂き、その後工房に来て頂き、工房と私の制作風景、道具など、色々撮って頂きました。

c0352397_18495009.jpg
プロの手にかかると、なんでもない教室風景や道具類が、本当に素敵な写真になります。

制作風景は、今制作中の新作を縫っているところを撮って頂きました。

作品写真は、この後スタジオで撮って頂きます。
写真集、新しいHPがどんな仕上がりになるか、完成が楽しみです!!



[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-07-12 18:44 | 活動
2017年 06月 30日

布は集まるという確信

額縁布のキルティング開始しました。

c0352397_12310309.jpg

今回の新作は多色使いですので、額縁布の色は抑えました。
写真では微妙な色が分かりにくいですが、ライトグレイッシュの青紫に近い色です。

額縁布の色は、間違うとせっかくの作品の世界観を崩してしまうので、色選びは慎重にします。
慎重に、、、と言っても欲しい色に染めるわけでもなく、また、欲しい色の着物がすぐ見つかるわけでもありません。
私の場合、持っている着物を合わせるのです。

今回の額縁布も、どれにしようかな?と材料箪笥を探したら入っていたものです。
2年ほど前に購入していた着物だと思います。

制作当初から、なぜか「必要な布は、全てある(集まる)。心配はいらない。」といった確信のようなものがあり、事実そのようになるのです。


今回の作品用に私が改めて購入したものは一枚もありません。
以前から集めていたものや、制作直前や制作途中で集まってきた(頂いた)ものばかりで制作出来ました。
布数は約200種類ほど使用しました。


キルティングの模様は、刺し子模様の「山路」にしました。
田舎の風景には、刺し子模様が良く合います。

c0352397_18025441.jpg

この模様は、布に直接描けて作業が楽なので気に入っています。
過去作品「古都」にも、この模様を使いました。


個展会場では、それぞれの作品の額縁布の色柄や、キルティング模様にも、注目してご覧頂くと面白いと思います。




作品は、まだ細かなアップリケ(柿の葉や実)や刺繍(桜・レンゲなど)が残っていますが、先にパイピングまで済ませて、完成形にしたほうが、作品がまとまり気分も落ち着くので、最近はこの順番でやっています。






[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-06-30 20:00 | 制作
2017年 06月 21日

スタンドフープ

タペストリー制作のキルティングに必要なフープ。

c0352397_11273056.jpg

3種類の大きさのフープを使い分けて作業していますが、冬は良いのですが、夏場のキルティングは暑いのです。

c0352397_11280874.jpg

そして作品が大きくなると、向きを変えて縫う時に作品を回すのが重くて、腕が疲れてきます。
私の作品は特に布の重なりが多く、重いのです。

いくら縫っても肩はこらないのですが、重い作品を抱えると、肩がこるようになってきました。
若い頃は、なんとも思わなかったのですが、年齢を重ねてくると、大きなタペストリー制作には大変な体力がいることに気が付いてきました。


今まで必要を感じなかったスタンドフープがあればいいな、、、と思うようになりました。


先日、教室で、「キルティングが大変になってきた。スタンドフープを買おうと思ってる。」と生徒さんに何気なく話をしたら、一人の生徒さんが、

「使わないのがあるから、先生使って下さい。差し上げます!」とおっしゃって、早速届けてくださいました。


c0352397_11283194.jpg
なんと、立派なスタンドフープ!!
高さが調節できるので、床に座ったり椅子に座ったり、どちらも可能です♪
早速使わせていただきましたら、フープの角度も変えられるし、くるくると回るので、向きを変えて縫う時も大変楽です♪

本当に有難いです。
まだしばらくかかる仕上げ作業も、これからははかどります。

I さん、ありがとうございました。大切に使わせていただきます。

いつも私の活動を応援し、心を寄せて下さる教室の生徒さん達や周りの皆様に感謝いたします。
作品制作がんばります!!




[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-06-21 09:58 | 裁縫道具
2017年 06月 13日

念願叶う

秋の美山かやぶき美術館で開催の個展、「林サヨコ創作キルト展~古布で綴るかやぶき物語~」
に向け、作品制作以外にいろいろと準備をしています。

ホームページをリニューアルいたします!
作品写真集を制作いたします

この二つは、ずっと念願だったこと。

いろんな出逢いと出来事が重なり、この二つの念願が同時に叶う事となりました。
とても素敵な人生のタイミングです。

信頼するデザイナーさんにお願いし、二つを同時進行で制作して頂いております。
二つとも、とても素敵なものになりそうで、ワクワクしています。

私は、作品集に今制作中の作品を載せるために、ラストスパートで頑張って縫っています。

ホームページリニューアルに伴い、このブログも新しいホームページに引っ越します。
しばらく引っ越し作業の為に、ブログ更新の頻度が落ちますので、どうぞよろしくお願い致します。

ホームぺージリニューアル、作品写真集、楽しみにしていてくださいね♪♪







[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-06-13 10:23 | 活動
2017年 06月 03日

しつけ糸をとる

キルティングが、一応終了しましたので、しつけ糸を取りました。
蜘蛛の巣のように入っていた糸を抜くと、スッキリです。

作品はキルティングが沢山入り、硬くしっかりしていますので、大変扱いやすくなりました。

c0352397_11253085.jpg

しつけ糸が取れたら、キルティングの入ってないところや、足らないところを確認し、入れていきます。

次に、仕上げの細かなアップリケを加えていきます。
そして、最後に刺繍をしていきます。

風景キルト作品は、手間が相当かかりますね。



[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-06-03 11:23 | 制作
2017年 06月 01日

まちづくり・お宝バンクに登録されました!

制作している時は、FM京都の α(アルファ)ステーションを聞いています。

その中の番組で、京都市の町づくりの提案についてお話しされていて、市民の皆様の町づくりの提案や、取り組みについてお知らせください。。。という内容を耳にしました。

京都市の「市政参加とまちづくり」ポータルサイト ‟みんなで作る京都”
を検索し、町家キルト工房の紹介登録を応募しましたら、早速登録して載せて下さいました。

こちらです♪

京都の町並みや風景をキルトで表現することによって、地元京都に対して今まで気づかなかった良さを再発見できます。
今日の教室で、ある生徒さんが、「今までまったく気にもとめなかった町家や蔵に、最近凄く目が行く。幼い頃の写真の中にある、実家の古い建物にも気がつきました。今までは、そんな事、気にもならなかったのに!」とおっしゃっていました。

町家キルトを長年、細々と続けてきましたが、町家キルトに出合って下さった方々が、古い家や京都の懐かしい風景に対して、心を止めて下さるようになったこと、本当に嬉しいです。
小さな種を蒔いてきましたが、少しづつ綺麗な芽が伸びてきたように思います。

この京都市のHPをご覧頂き、町家キルトの事を知って下さる方がいたら、本当に嬉しいです。





[PR]

# by sayoko_hayashi | 2017-06-01 19:18 | 活動